プロフィール

綬音 jyune


自己紹介:北海道白老町の自宅で、子育てをしながら安らぎ空間サロンをしています。

 

 わたしがセラピストになろうと思ったきっかけは、自分らしくいたいと思ったことが始まりだったのかもしれません。何か自分の人生を変えたくて、トラディショナルバリニーズを取得をし、小さな頃から興味があった、目に見えない世界の勉強もまた同時に始めました。最初は、自分が人を癒すのがわたしの使命だと思っていましたが、お客様と接しているうちに自分の内側が癒されていくことや変化していくことに気づき、今は仕事を通して相互的に癒しや変化が起こる素晴らしい環境で仕事が出来ることにとても感謝しています。

 宇宙の根源の『媒体(シャーマン)』となる経験や、宇宙創造のことについての学びを通して、感じたのは必要なのはただシンプルに人は「創造」するために生まれてきたということでした。エネルギーを感じること、次元や波動を理解すること。これはそんなに重要ではありません。本当に必要なのは、自分自身が生み出そうとする「創造」が何なのか?に気づくことだと思っています。そうすることによって、宇宙の創造の神秘に気づき多くのことが理解できるということに繋がっていくと思います。わたしは、人が自分自身のハートの奥にある創造へと向かう願ってやまない創造への希求に、私のいままで得た経験を通して気づけるお手伝いをしたいと思っています。

 

 それと、女性に生まれたことにより、女性の素晴らしさ、女性性の傷をセッションを通して感じることがあり、『恋愛セクシャリティー』というセッションにも力を注いでます。

 その他に、自分自身を変えるきっかけにもなった、セルフカウンセリングや心理学に出会い学んだ、魂のサポートをするカウンセリングも行なっています。

 施術やセッションを通して、Peaceful(穏やかな)Rainbow(にじ)のように人が安らぎそして晴れやかになり、それを持ち帰り広がる・・・。

 そう願いながら心を込めて接させていただきます。

 

 にじの光のプリズムが魂へと差し込むように♪統合へと向かって・・